「片道切符」という和田 尚子さんが描いた漫画は何度も読み返したがお気に入りの漫画です。特に高校生から大学生あたりの女子がよむと特に共感できるのではないのでしょうか。少し古い漫画ではあるけれど共感する部分は今と変わらないのではないのでしょうか。

主人公は麻里という名前の女の子で、地味だけど学校一の天才少女と言われています。その麻里が自分とは正反対のちょっとやんちゃで、校内でもてている武来(ぶらい)君に好意を寄せていることから物語は始まります。
本当に最初は泣けます、片思いってこんなに頑張っても届かないんだって思い知らされます。

よくある学園恋愛ものではありますが、麻里の武来君へのあきらめない気持ちに武来くんがちょっとずつ好意を持っていき始めるところは本当に応援したくなります。
両想いになったから最終回といううわけでもなく、それからは就職や恋敵、親からのお見合いのすすめ、付き合っていく上での体の関係等、恋愛中のよくある問題を一つずつ解決していく姿があります。
恋人も大事だけれど麻里や武来君にある自分の信念も大事であり曲げないという強い心には関心します。
胸きゅんもしたいけれど現実的な恋愛話をみたいという方におすすめの一冊です。

エロ漫画 スマホ